東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)


   
支会ニュース
アダージョマエストーソ
 
支会報 「たま」
 
アダージョマエストーソ
創刊号〜第30号 復刻版
 
昭和の「支会ニュース」
復刻版(一部)
 
支会報司法書士 たま」
第45号〜第54号 復刻版
 
支会報「八王子支会報」
第35号〜第44号 復刻版
 
支会報「八王子支会報」
第1号〜第34号 復刻版
■支会ニュース「アダージョマエストーソ」  

アダージョマエストーソは支会が実施する諸事業や、執行部・幹事会の様子など、支会の活動状況をタイムリーに掲載することを目的として発行しています。時機に遅れない情報誌として会員への情報提供に努めています。 

★三多摩支会ホームページのリンク「情報誌」から閲覧できる目次のとおり支会ニュースは第174号(平成30年6月6日)まで十数年にわたって、支会HP上で不定期に年間10〜14号ほど発行されていました。平成30年6月以降、現在は休刊状態です。 (2019,05,20)
★特定の記事が削除された4つの号の当初のオリジナル版をここに掲載します。およそ3〜5年以上にわたって役員や会員からも一般読者からもクレームなく掲載されていたものです。1会員の執拗なクレームにより、現支会長(羽生明彦・立川支部)になってから記事が削除されましたが、記事は前支会長、前々支会長時代に発行されたものです。
★もともとは支会のあらゆる事業を発表する場としてHPを立ち上げたもので、それゆえHP編集にはどこの部にも所属しない独立の部門・機関として専従担当者を選任し10年以上にわたって機能してきました。古い記事を見れば明らかなようにHP編集室の記事として多部門の記事が掲載されています。それが1会員のクレームに呼応して平成29年度からの広報部長(原勝・町田支部)が突然HPは広報部の専属業務かのごとく振る舞って独善的に廃刊状態にしてしまったのが現状です。政治的に気に入らない記事を削除するためには、「HP編集室」なる組織は正式には存在しないのだとまで主張してるようですが、それならば、何故HP編集室の執筆になる全記事を削除しないのでしょうか。これこそ偏向した姿勢です。
★4つの号に関連しないものはリンクしていません。
★現状版は最下部のリンクからご確認ください。   (2019,05,20)   


号 数 発行年月日 主 な 内 容
     
削除された記事のオリジナル版
★以下に削除された4つの号の当初オリジナル版を掲載します。
発行後およそ2〜5年以上にわたって一般読者からのクレームもなく掲載されていたものです。126号では、当時の支会長の記事と同時掲載されているように、公認の記事でした。
第149号 H27,09,29 調布支部セミナー、安保法案国会前集会、三士会ゴルフ大会
第147号 H27,08,10 ケアマネセミナーを開催、安保法案、小金沢連嶺山行記
第126号 H25,12,09 地域交流、伊豆大島、財産管理人研修、特定秘密保護法
第107号 H24,08,28 三士会立川勉強会、立川支部セミナー、反原発集会に参加
   
削除理由掲載のオリジナル改正版
★削除にともない削除理由を掲載した号が1〜2年半の間公開されていました。
現状の削除理由無掲載の完全削除を主導した広報部長が、HP作成のイロハも知らぬまま平成30年6月から直接HPを担当したため、技量的に一文字も改変できぬまま平成31年4月下旬まで掲載されていたものです。
この取材編集の初歩的能力の欠如が、現在の休刊状態の原因でもあります。
★平成28年10月時点では支会執行部でさえ認めていた削除理由が、現支会長と現広報部長になって、遡って削除されてしまったということです。
★削除理由掲載の年月日がバラバラなことで明らかなように、オリジナル版が削除された年月日は異なります。普段、気にも留めていなかったHP記事への遡及的検閲に拡大していった結果です。
1、平成28年10月12日から平成31年4月下旬まで公開されていた第149号。
第149号 H27,09,29 調布支部セミナー、安保法案国会前集会、三士会ゴルフ大会
2、平成28年11月2日から平成31年4月下旬まで公開されていた第147号。
第147号 H27,08,10 ケアマネセミナーを開催、安保法案、小金沢連嶺山行記
3、平成30年5月10日から平成31年4月下旬まで公開されていた2つの号。
  107号の発行は先々代の支会長時代のもので、5年半以上も経過しています。
第126号 H25,12,09 地域交流、伊豆大島、財産管理人研修、特定秘密保護法
第107号 H24,08,28 三士会立川勉強会、立川支部セミナー、反原発集会に参加
     
     
完全削除、しかし目次は訂正忘れのままの現状の号 現状HPへのリンク
★以下が平成31年4月下旬に、改変理由もなく機械的に削除された現状の号。
ページ内リンク、他ページからのリンクの修正も手掛けず単純削除し、修正訂正の理由表示といった出版文化の慣例や倫理からほど遠い、改変理由無掲載の号に変造されています。
都合の悪いものは隠す、改ざんする。あったことをなかったことにする。気に入らないものは受け入れない。安倍政権の体質そのものが、『法律家』を自称する司法書士集団にも蔓延しているようです。賛否のプロセスを見せることも民主主義における重要な役割だということの無理解でしょうか。
不動産登記、会社登記の根本にある、どんな登記であれ一度でも記録されたものは登記として残し、白紙に消し去ることはしない法意を、登記の専門家でありながら全く理解していない所業でしょう。
★平成30、31年度当時の支会長、広報部長等一部の役員の自らの偏狭な政治的趣向のために支会HPは休刊=廃刊状態にされてしまっているのが現状です。
第149号 H27,09,29 調布支部セミナー、安保法案国会前集会、三士会ゴルフ大会
第147号 H27,08,10 ケアマネセミナーを開催、安保法案、小金沢連嶺山行記
第126号 H25,12,09 地域交流、伊豆大島、財産管理人研修、特定秘密保護法
第107号 H24,08,28 三士会立川勉強会、立川支部セミナー、反原発集会に参加